Wear

 

ここでは基本的な靴の履き方を紹介します。

ただ、環境や状況によって「正しさ」は変化します。

長い時間歩くときにはヒモを締め上げてしっかりと履く、

脱ぎ履きが多いときにはヒモを少し緩めて楽に履くなど、

基本を知った上で、使い分ける事が出来ると良いと思います。

PART1

​靴に足をいれる

​靴に足を入れるときには、靴ヒモを緩めてからカカトを潰さないように、靴べらなどを使うようにしましょう。靴べらは持ち歩き用のキーホルダータイプが便利でお薦めです。

    B_G_01_mojinashi.jpg
    B_G_02_mojinashi.jpg

    PART2

    踵を合わせる

    靴のカカトには硬い芯が入っていて体を支える重要な機能を持っています。急いでいたりしてカカトを潰してしまわないよう気をつけて下さい。
    足と靴のカカトをピッタリ合わせることは靴の機能を活かすのにとても重要です。

      PART3

      ​ヒモを締め上げる

      ヒモは前の方からしっかりと締め上げましょう。そうすると靴全体と足が密着するようなフィット感が得られ軽く感じると思います。ヒモが緩いと足で靴を持っている感覚になり、重く感じると思います。

      ​緩く履くことは靴の型崩れの原因にもなります。

        B_G_03_mojinashi.jpg
        B_G_04_mojinashi.jpg

        PART4

        ​ヒモを結ぶ

        ヒモは解けないようしっかり結びましょう。

        ​ヒモは丸ヒモ・平ヒモがあり、種類もガス・ロービキ・石目など様々です。靴のスタイルと合わせるだけではなく、フィット感や扱いやすさに注目して選ぶのが良いと思います。