Care

 

​靴はきちんとケアすることで品質を保ち長く使い続けることが出来ます。

鏡面磨きなどの方法でピカピカに磨くのも良いし、

最低限のケアでワイルドな経年変化を楽しむ方法もあります。

大切なのは、どの様なケアをすれば思い描く靴に育っていくのかを知ること。

ここでは、日常生活において無理のない方法と道具を紹介しています。

​慣れてきて楽しくなってきたら自分好みのシューケア方法を見つけていって下さい。​

PART1

ブラッシング

まずはホコリを落とすために馬毛のブラシを使いブラッシングをしましょう。汚れやオイルの抜けが目立たないようであれば、普段のお手入れはこれだけでも充分だと思います。

    B_G_05.jpg
    B_G_06_mojinashi.jpg

    ​PART2

    保湿・保革

    乳化性のクリームは保湿効果があり、栄養を与え革をしなやかにします。色付きのクリームを使えば補色して傷を目立たなくすることも出来るし、靴を綺麗にケアするには欠かせないアイテムです。

    ​革の状態を見て、適度にクリームで磨きましょう。

      PART3

      コバ磨きも忘れずに

      靴の側面のことを「コバ」と呼びます。

      ​コバは傷が付きやすく、よくささくれてしまうので、靴が綺麗に見えるポイントになるので、シューケアをするときにはクリームやワックスを使ってコバを磨くことを忘れない様にしましょう。

       

        B_G_08_mojinashi.jpg
        B_G_07_mojinashi.jpg

        PART4

        アイテムの選び方

        ここで紹介したブラシや乳化性クリーム以外にも多くのアイテムがあります。

        革や靴の種類によって、また天気やその時の気分によって使い分けましょう。

        ​シューツリーやエプロンなどを揃えることも、気分が上がってシューケアが楽しくなると思います。