Repair

 

気に入った靴があれば修理をしながら長く履き続けたい

​カカトのゴムのすり減りや、糸の縫い直し、フィッティング調整など、

修理の方法は様々で、時には気分に合わせてソールをカスタムすることも可能です。

​どうやったら長く履き続けられるのか。その方法を一緒に考えていけたらと思います。

PART1

修理の可能性

靴はソールの交換以外にも、様々な修理が可能です。リヒトリヒトでは靴作りの技術を使ってお客様の様々なご要望にお応えする準備が出来ています。

    B_G_09.square.jpg
    B_G_10_mojinashi.jpg

    PART2

    カカトのすり減り

    靴のパーツで一番消耗しやすいのがソールのカカトです。交換時期の目安は、地面と接する滑り止めのゴムがすべて削れてしまう前が良いと思います。

    あまりに削れて靴が傾いてしまうと、体のバランスを崩してしまうので注意しましょう。

      PART3

      フィッティング調整

      足に合わない靴を履くことはとても苦痛なことだと思います。きつく痛みのでる箇所をピンポイントで広げたり、逆に革が伸びて緩くなってしまえばインソール等でフィッテイングの調整をすることも出来ます。

        B_G_12_mojinashi.jpg
        B_G_11.jpg

        PART4

        カスタマイズ

        アウトソールは元々付いているモノによく似た素材を使用することが多いですが、それとは全く違った素材やカラーバリエーションでカスタマイズを楽しむことも可能です。「軽くしたい」や「気分を変えたい」などの声にお応えいたします。